豪失業率、選挙後は現政権下で改善見通し

オーストラリアでは18日に行われた総選挙で保守連合(自由党・国民党)が政権を維持したことから、今後半年間の失業率は、労働党が選挙に勝利した場合と比べて低下する見通しだ。過去の総選挙後の統計に基づき、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が分析した…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーに限らず、夜に…(06/25)

豪首相、労使関連規制にメス 労働者権利を保護、投資も促進へ(06/25)

豪の企業買収、給与システムの精査が必要に(06/25)

今後の利下げ、賛否ほぼ同数=AFR調査(06/25)

豪中小企業、大企業の支払遅延で70億$損失(06/25)

豪北部に再生エネ発電で輸出効果20億$も(06/25)

WA州政府、密かに炭素税導入を検討か(06/25)

豪企のCRMシステム投資、過去最高を記録(06/25)

マリンドエア、8月からKL―シドニー就航(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン