スマホ小米、1~3月は調整後で22%の増益

中国のスマートフォン世界大手で香港上場の小米科技(北京市、シャオミ)が20日発表した2019年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比27.2%増の437億5,680万元(約6,985億円)となり、国際財務報告基準(IFRS)に基づく純損益は31億9,170万元の黒字だった。前年同…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国との経済回廊を具現化へ 習主席訪問で特区推進など合意(01/20)

テイクオフ:三十数年間ほぼ毎年、春…(01/20)

中国、人口14億人突破(01/20)

19年成長率は6.1%に急減速 前年0.5P下回る、目標は達成(01/20)

鴻海とフィアットがEV合弁へ、中国に照準(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

20年マカオ訪問客は3%減に、観光局が予想(01/20)

19年の鉱工業生産5.7%増、年末は上向く(01/20)

工業設備稼働率、19年は76.6%に小幅上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン