スマホ小米、1~3月は調整後で22%の増益

中国のスマートフォン世界大手で香港上場の小米科技(北京市、シャオミ)が20日発表した2019年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比27.2%増の437億5,680万元(約6,985億円)となり、国際財務報告基準(IFRS)に基づく純損益は31億9,170万元の黒字だった。前年同…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

製造業PMIが大幅改善、3月は52.0(16:10)

新型コロナの感染者48人増、全て海外から(13:55)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(12:29)

3月の航空便40%減、減便・運休相次ぐ(03/31)

テイクオフ:万里の長城の中で最も有…(03/31)

感染者107人に、カジノは全て閉鎖(03/31)

新型コロナ「第2波」予兆か 湖北帰り、無症状者から感染(03/31)

自動車企業の再開率97%、工情省(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン