• 印刷する

テイクオフ:韓国で5月15日は「先…

韓国で5月15日は「先生の日」。教師に日頃の感謝の気持ちを伝える日だが、近年はその光景が様変わりしている。16年の接待規制法の施行で、先生への贈り物がほぼ「賄賂」とみなされるようになったためだ。

以前は生徒が先生にカーネーションを渡すのが一般的で、商品券や化粧品セットといった高額なプレゼントも多かった。それが16年以降は、紙で作った花束を渡すのも禁止。ある学校では、生徒が買ったケーキでお祝いをする際、担任の先生が口にすれば賄賂に当たるため、学生同士で分け合って食べたという。

こうした規制は教師側も歓迎ムードだ。「プレゼントは負担でしかなかった」と知人の高校教師。勉強に励むことがなによりの贈り物だとか。競争が激しい学歴社会。先生を祝っている暇はないらしい。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン