• 印刷する

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…

枇杷(ビワ)が旬を迎えている。日本では数えるほどしか食べたことがなかったが、いま、店頭に並んでいると目で追ってしまう。このように枇杷好きになったのにはきっかけがある。

中国へ来たばかりのころ、友人が実家で育てている枇杷を分けてくれた。レストランで堂々と皮をむいて手渡された時は、当地の持ち込みルールをよく知らずに戸惑った。しかし、食べるようにと促され、口に運んでさらに驚いたのは、その美味しさだ。よくよく聞いてみると、彼女は太湖に浮かぶ島、西山の出身。その島で採れる「西山青種枇杷」と言えば蘇州の特産品のひとつである。肉厚で、ものによっては卵よりも大きく、みずみずしくて甘い。

その友人の家では、枇杷以外にみかんや栗なども栽培していて、よく出荷の時期にいろいろとお裾分けしてもらった。おかげで好物が増えたが、同時に体重も増えた気がする。(矛)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

広深港高鉄の乗車方法見直しへ、MTRC(18:01)

26省で感染封鎖解除、アフリカ豚コレラ(18:28)

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

【米中摩擦】米向け輸出増、質の向上促す 高付加価値化が進めば日系に商機(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

テイクオフ:愛くるしいの一言に尽き…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

中国企業のミャンマー生産移転、電力が障壁(06/25)

商業省、南部特区は「税回避地でない」(06/25)

米中摩擦の経済影響に警戒感 企業に圧力、成長率1%の予測も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン