• 印刷する

遠東航空、福島・天津便など一部欠航取り消し

台湾の中堅航空会社、遠東航空(ファーイースタン航空)が18日に一部海外便を欠航すると発表したことをめぐり、交通部(交通省)民用航空局(民航局)の方志文副局長は20日、「遠東航空に対し、海外旅行者への影響を第一に考えて、調整するように指示した」と説明した。またそれを受け、遠東航空が桃園―福島の3便、台北松山―中国天津の1便、台北松山―中国太原の1便の計5便の欠航を取り消す方針を示したと明らかにした。20日付中央通信社が伝えた。

遠東航空は18日、民航局が定める月間飛行時間の制限を超過する恐れがあるとして、5月から6月にかけて日本線を含む一部海外便を欠航とすると発表。1万人近くの旅行客に影響が出るほか、旅行業者の損失も計1億台湾元(3億5,000万円)を超える見通しを示していた。

方副局長は、「民航局は飛行時間制限のほか、遠東航空の飛行計画を厳格に審査し、パイロットなどの労働環境や、機体のメンテナンスなど、運営状況の監督管理に注視していく」とコメントした。


関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

多結晶シリコンの宝徳電化、破産を申請へ(12:42)

新型肺炎、イタリアの警戒レベル引き上げ(17:44)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(20:37)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:台湾のハイテク産業の充…(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン