• 印刷する

テイクオフ:のんびりのどかな鉄道旅…

のんびりのどかな鉄道旅が無性にしたくなり、列車に飛び乗った。目指すは、台中と嘉義の間にある二水駅を起点とする「集集線」。台北から台湾高鉄と台湾鉄路を乗り継いで行けば2時間ちょっとで到着する。日帰り旅にはもってこいの距離だ。

集集線は、日月潭の水力発電所を建設する際に、工事の材料を搬送するために作られた支線。二水駅から車テイ駅までを走る全長29.7キロの道のりには、バナナ畑や水田、クスの葉で空が見えないくらいの緑のトンネルなどがあり、台湾のゆったりとした空気を満喫したい人にはおすすめの路線だ。

途中、土砂降りの雨に襲われ、沿線周辺の街歩きはできずじまいだったが、観光列車にトコトコ揺られながら車窓を眺めるだけで、日ごろの喧騒(けんそう)を忘れて十分にリフレッシュできた。南国気分に浸りつつの台湾鉄道旅。さて次はどこへ向かおうか。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(02/21)

新型肺炎、26人目の感染者確認(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

遠伝の資本的支出、今年は16年以降最多に(02/21)

亜太、2Qにも越境モバイル決済サービス(02/21)

台湾企業のシール型体温計に注目、肺炎で(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン