• 印刷する

テイクオフ:香港政府が国際文化芸術…

香港政府が国際文化芸術ハブとして整備している「西九文化区」にある、中国オペラに特化した舞台芸術施設「戯曲中心」のティーハウスシアター(茶館劇場)に行ってきた。中国茶と点心を飲食しながら広東オペラ(粤劇)をダイジェスト形式で鑑賞できるとあって人気が高い。2週間前に公式サイトにアクセスしたところ、残り2席がぎりぎりで予約できた。

広東語のせりふは難解で、字幕を読んでもさっぱり分からなかったが、英語字幕はシンプルで分かりやすい。派手な衣装や立ち回りで見た目に分かりやすく、外国人客も多かった。時代を経て理解しづらい古典文化を、現代人の感覚で分かりやすく楽しめるように編集や演出を加えるのが、香港は上手だと感じる。

本格的な中国茶と点心もおいしく、冷房を効かせたホールでの熱いお茶は特にうれしかった。(保)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

広深港高鉄の乗車方法見直しへ、MTRC(17:01)

テイクオフ:7月1日の中国返還記念…(06/25)

米中摩擦の経済影響に警戒感 企業に圧力、成長率1%の予測も(06/25)

総合競争力トップは深セン 上位3位変わらず、2大デルタ強し(06/25)

湾仔の政府施設で抗議、逃亡犯条例撤回求め(06/25)

英国ビジネス団体、大湾区にネットワーク(06/25)

女性人材の割合、上級管理職では29%=調査(06/25)

発展局、データ共有プラットフォーム整備(06/25)

日系イベント情報(6月2回目)(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン