• 印刷する

韓国化粧品大手アモーレ、ECラザダと提携

韓国のアモーレパシフィックはラザダと提携し、東南アジアでの拡販を図る(アモーレパシフィック提供)

韓国のアモーレパシフィックはラザダと提携し、東南アジアでの拡販を図る(アモーレパシフィック提供)

韓国化粧品大手のアモーレパシフィックグループは16日、東南アジアで電子商取引(EC)事業を展開するシンガポールのラザダ・グループと、同地域での販売促進で覚書を締結したと発表した。

覚書に基づき両者は、東南アジアにまだ進出していないアモーレパシフィックの美容商品ブランドを発売する。オンラインとオフラインをつなぐ新たな販売手法の模索や、革新的なデータマーケティングの面でも協力する。ラザダのECサイト上でのアモーレパシフィックの知的財産保護も強化する。

アモーレパシフィックは東南アジアを海外の重要市場と位置付けており、ラザダとの提携で域内の消費者に販売する機会を増やしたい考えだ。

アモーレパシフィックは以前からラザダを通じて商品を販売。シンガポール、タイ、ベトナムで「ラネージュ」「モマンド」「イニスフリー」「エチュード・ハウス」ブランドを展開している。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 化学小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/21)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

空港の商業施設、開業半年で5千万人集客(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン