• 印刷する

19年1Qの総人口、1.1%増の3266万人

マレーシア統計局は15日、2019年1~3月期(第1四半期)時点の総人口が前年同期比1.1%増の3,266万人だったと発表した。同期の出生者数は0.2%減の11万6,850人、死亡者数は1.0%減の4万2,647人だった。出生率(人口1,000人当たりの出生数)は3.6人だった。

男女別人口は、男性が前年同期比1.1%増の1,686万人、女性が1.2%増の1,580万人だった。

州別の人口は、スランゴール州が最多の654万1,700人。以下、サバ州が393万2,000人、ジョホール州が377万6,200人、サラワク州が281万1,400人で続いた。首都クアラルンプールは179万6,700人。

マレー半島の人口は2,581万6,100人で、全体の79.0%を占めた。連邦直轄地を除き、州別で最も人口が少なかったのはプルリス州で、25万5,200人だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電子部品ボルケーノ、ACE上場を計画(17:56)

ジョ州のRTS、9月まで着工延期で合意(17:56)

飼育公社の負債、政府が全額返済求める(17:58)

飲料店ティーライブ、英国に初の店舗開店(17:58)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

投資JCG、マレーシアの美容医療企業買収(05/22)

ジョ州との高速鉄道、9月まで建設延期で合意(05/22)

AIA、メディックスとア太で提携拡大へ(05/22)

Vテック、顧客がマレーシアへ生産移管計画(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン