台泥、台北工場移転後に介護施設建設へ

セメント台湾最大手の台湾水泥(台湾セメント、台泥)の張安平董事長は13日に行った業績説明会で、台北市松山区の生コン工場を移転させた上で、跡地に介護施設を建設する方針を明らかにした。 中央通信社が伝えた。李鐘培総経理によると、現在6,600坪を超える台北工場の生産施設を…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港で前代未聞の200…(06/20)

ビギナー支援強化で輸出促進 フード台北、日本から140社参加(06/20)

「関係各社と協議」と声明、JDI(06/20)

アップルがJDI支援検討、米紙(06/20)

撼智物聯、ビル自動制御で独社と提携(06/20)

自動車部品の東陽、向こう3年で100億元投資(06/20)

太陽光発電サンシープ、台湾に合弁会社(06/20)

統一企業董事長、M&A積極的に検討(06/20)

工研院など、衣類サンプルの半自動化ライン開発(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン