• 印刷する

《日系進出》ワットマンが海外1号店

衣類や家電などのリユース(再利用)事業を手掛けるワットマン(横浜市)は13日、タイに同社初となる海外店舗を出店すると発表した。早ければ7月にも1号店を開業し、向こう1~2年で複数店舗を経営する計画。日本で買い取った商品の販路を海外に広げることで、一層「循環型社会」を推進する。

ワットマンの担当者によると、5月中に会社を登記し、7月にも1号店をオープンする計画。店舗名は現在検討中という。1店舗目ではバッグなどの服飾雑貨や食器などの生活雑貨、スポーツ・アウトドア用品、楽器などを扱う予定で、衣類や家電は販売しない。2店舗目以降では、日本人駐在員の需要を見込み、タイでの商品買い取りも計画している。

タイの新会社の名称は「ワットマン(タイランド)」の予定で、資本金は400万バーツ(約1,400万円)。出資比率はワットマンが49%、SMBCマネジメント・サービスが13%などとなる予定。

ワットマンは日本で「ワットマン」などのブランドでリユース事業を手掛け、2019年3月末時点で48店舗を展開。日本では店頭買い取りを保証するなどして業績を伸ばしてきた。買い取り商品の販路拡大のため、海外への進出を検討していた。ワットマンの小松創常務はNNAに「日本国内とタイの商品の需要を見ながら、国内外で販売チャンネルを増やし、商品の循環のサイクルを広げたい」と述べた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン