• 印刷する

しわ取り薬巡る対立終結か、遺伝子分析へ

韓国製薬会社のメディトックスと大熊製薬が、しわ治療に用いられるボツリヌストキシン製剤の製造技術のライセンスを巡って対立する中、米国際貿易委員会(ITC)が大熊製薬にボツリヌストキシン製剤「ナボタ」の菌株遺伝子分析を命令したことが14日、分かった。

今後大熊製薬はナボタの菌株関連の書類と情報をメディトックスが指定した専門家に提出しなければならない。メディトックスの広報担当者はNNAの取材に対し、「公正で科学的な検証ができる専門家の名簿をITCに提出した」と話した。専門家の検証により、大熊製薬の不正行為が明らかになれば、同社はナボタを米国市場で販売できなくなる。

一方、米国でのナボタ発売を目前に控えている大熊製薬は、ITCの命令に誠実に対応する構えのようだ。

両社を巡っては、メディトックスが2017年6月、ナボタは大熊製薬が自社の技術を盗用して製造されたものとして韓国および米国の裁判所に同社を提訴。現在も裁判が続いている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国はカフェ天国だ。街…(05/27)

隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も(05/27)

在日韓国企業53%「悪影響」、日韓関係悪化(05/27)

サムスン電子副社長2人が逮捕、粉飾決算で(05/27)

2年目有給手当、企業負担に=労基法改正後(05/27)

公取委、中堅企業に「公正な経済」呼びかけ(05/27)

スマート工場化の中小企業、生産性30%向上(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

「モビリティーに全力」、現代自の鄭副会長(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン