SCGが住宅用太陽光に参入 戸建て需要増、年内にシェア1%

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)が、屋根置き型の太陽光発電パネルの販売に本腰を入れる。住宅需要が高層コンドミニアム(分譲マンション)から一戸建て住宅へシフトしていることや、政府が電力開発計画(PDP)で再生可能エネルギーを推進していることを追い風に…

関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造金融建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:9月末から10月上旬に…(10/21)

車生産見通しを7%引き下げ 年200万台に、国内外市場が減速(10/21)

9月の車輸出6.4%減、3カ月連続マイナス(10/21)

市民団体、エネ相にEV振興案を提出(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

ドンムアン空港免税店事業、24日に書類発売(10/21)

航空都市入札、CPの失格を再検討=最高裁(10/21)

首都圏の住宅在庫、15万戸超=REIC(10/21)

財務省、時限的な不動産譲渡税引き下げ計画(10/21)

三井化学が製品・技術を展示紹介、海外で初(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン