• 印刷する

ECサイトの訪問数、ショッピーが首位堅持

マレーシアの情報収集サイト運営会社iPriceはこのほど、ベトナムにおける2019年第1四半期(1~3月)の電子商取引(EC)サイトの月間平均訪問数を発表した。シンガポールの「ショッピー(Shopee)」が約4,077万回で首位を堅持した。

地場の「ティキ(Tiki)」が約3,570万回で続いた。iPriceが調査結果の公表を開始した17年第2四半期(4~6月)から18年第2四半期まで首位だった「ラザダ(Lazada)」は2,909万回で3位にとどまった。VOVニュースによると、ラザダの低迷について専門家らは、販売ポリシーの変更や配送、不良品への対応でのミスなどが原因と分析している。

以下、「テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)」が2,887万回、「センド(Sendo)」が2,536万回と、地場のECサイトが続いた。


関連国・地域: ベトナムマレーシアシンガポール
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(20:17)

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

HCM市、30年までに公共輸送25%に(07/08)

BIDVと韓国系GS、都市開発で提携(07/08)

ダナン市、高層商業都市複合区を開発へ(07/08)

ホアファット、上期の建設鋼材供給は12%増(07/08)

製造業の新規輸出受注、8割が楽観見通し(07/08)

通信サービス収入、上期は3.5%増の83億ドル(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン