• 印刷する

小売りロビンソンズ、今年150店を新規開業

フィリピンのゴコンウェイ財閥系の小売り大手ロビンソンズ・リテール・ホールディングスは今年、最大150店を新規開業する計画だ。資本的支出(CAPEX)は最大50億ペソ(約107億円)を充てる。

今年のCAPEXは35億~50億ペソの範囲を計画しており、50億ペソの場合、前年実績の44億600万ペソを13.5%上回る。新規出店数は120~150店を見込む。

既存店の売り上げ伸び率(SSSG)は前年比2~4%を目指す。18年はスーパーマーケットが7.6%と大幅に伸び、全体を5.9%に押し上げた。売上総利益率は0.1~0.2ポイント上昇を目指す。18年は22.5%だった。

ロビンソンズが6日に発表した19年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比29.0%増の373億5,000万ペソ、純利益が31.7%減の8億2,700万ペソだった。18年11月に完全買収した、同業ルスタン・グループ系のスーパーマーケット運営ルスタン・スーパーセンターズ(RSCI)が連結に加わったほか、SSSGも4.1%と好調で、売り上げは拡大。ただRSCIの販売費や管理費がかさみ、減益となった。

3月末時点の総店舗数(フランチャイズの薬局除く)は1,911店で、前年同期から196店の純増。内訳はスーパーマーケットが253店、百貨店が50店、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ、日曜大工)店が209店、コンビニエンスストアが512店、薬局が510店、専門店が377店だった。総売り場面積は27%増の146万平方メートルとなった。


関連国・地域: 韓国シンガポールフィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン