労働節の本土客が4割増加 小売りに好影響、一部伸び悩みも

香港政府入境事務処(入境管理局)によると、中国本土の労働節(メーデー)連休(1~4日)に本土から香港を訪れた旅行者は99万7,663人(延べ人数、以下同じ)だった。このうち前年と比較可能な1~3日の本土客は83万9,804人に上り、前年同期から4割増えた。域内の複数の大型商…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 運輸小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知人に紹介された香港の…(05/12)

「来港易」は外国人も対象に 本土居住者の隔離免除、長官明言(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

学校の登校制限を緩和、「3分の2」解除(05/12)

新たに1人感染、域内ゼロ=計1万1812人(05/12)

3日続落、ハイテク株が連日安=香港株式(05/12)

HSBC、今年は資産管理部門1千人採用(05/12)

再生エネ事業、外資が相次ぎ買収(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン