• 印刷する

介護ソラスト、ベトナム人実習生の受入開始

介護大手ソラスト(東京都港区)は24日、介護職種のベトナム人技能実習生の受け入れを開始したと発表した。

第1期生は12人で、20代前半の女性9人と男性3人。今後、約2カ月の社内研修(介護現場でのトレーニングなど)を経て、6月下旬に首都圏6カ所のグループホームに正式配属される予定だ。

実習生らはすでに、ベトナム国内で約12カ月間の日本語学習と看護・介護を専門とする教育課程を修了している。3月の来日後も、監理団体による40日間の入国後研修を受けた。

ソラストは、細かくていねいな育成計画を立てて実習生を全面的にサポートすると説明。将来、実習生全員が母国ベトナムでの介護のプロフェッショナルとして活躍することを願うとしている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

【躍動する地方都市】モンカイ、国境貿易の玄関口 陸路の整備進み一帯一路に接続も(10/18)

ホンダ、タイ製「CB300R」を今月発売(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

グラブ、バス予約サービスを試験的に開始(10/18)

SCIC、アンザン港社の53%株売却へ(10/18)

ACVへの国の出資率低減、計画見直しへ(10/18)

ゲアン省、南北高速鉄道に省内駅の追加提案(10/18)

ダナン、固形生活ごみ処分場の詳細計画承認(10/18)

HCM市建設局、社会住宅の供給増を提案(10/18)

地盤ネット、ダナンのドゥイタン大と提携(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン