• 印刷する

テイクオフ:韓国は世界最高峰のeス…

韓国は世界最高峰のeスポーツリーグを持つが、裏でプロ選手のセカンドキャリアが社会問題化している。これはどのスポーツでも言えることだが、選手生命が短いeスポーツ場合、超学歴社会の韓国では最も悩ましい課題となっている。

プロ選手のピークは20歳前半で、25歳以上の比率は数%に過ぎない。中卒の選手が大部分で就職は容易ではなく、業界関係者に話を聞くと「賞金で飲食店をオープンしたケースはマシな方で、大部分は再スタートを切れないでいる」という。

海外に目を向けると、解決のヒントが見える。冬季スポーツの強豪国ノルウェーでは、大学で勉強したいアスリートを受け入れる制度があり、選手として活動しながら、引退後の教育も並行して行えるシステムが整えられている。海外の事例から、セカンドキャリア問題を解決するヒントが得られるかもしれない(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

18年の創業企業92万社、3年連続最多に(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

大手30グループ役員数、4年で53人減少(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン