• 印刷する

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位

韓国観光公社によると、2019年3月に韓国を訪れた外国人客数(速報値)は前年同月比12.4%増の153万5,641人だった。

日本からが37万5,119人と27.4%増加し、主要国でトップの伸び率。日本の若年層の旅行需要の高まりに加え、韓国人の訪日需要が一服し、航空座席が確保しやすくなったことなどが背景にある。

中国からは20.9%増の48万7,623人で、国別の首位を維持した。韓国人気が高まるベトナムからは4万6,991人と24.8%伸びた。

一方、韓国からの海外渡航者数は3月に233万4,153人と前年同月比3.6%増加した。


関連国・地域: 中国韓国ベトナム日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

テイクオフ:ある日はチグルチグル、…(12/12)

発電用パーム油を日本へ輸出 来年から年30万トン、3社が覚書(12/12)

中小の52時間制に1年猶予 企業負担を考慮、例外規定拡大も(12/12)

日医工出資のバイオ製薬社、ユニコーンに(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

20度予算成立、日本の貿易措置対応に重点(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

10月就業率、23年ぶりの高値も40代は低下(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン