• 印刷する

セブン―イレブン、香港俳優とコラボ商品

コンビニ台湾最大手「セブン―イレブン」を運営する統一超商(プレジデント・チェーンストア)は22日、香港の人気俳優・謝霆鋒(ニコラス・ツェー)氏がプロデュースする食品ブランド「鋒味」と共同開発したオリジナルの中食商品を5月に発売すると発表した。台湾のコンビニチェーンが香港の芸能人とコラボするのは初めて。23日付経済日報が伝えた。

統一超商によると、5月に第1弾として、伝統的な香港料理に台湾の食材を加えた冷麺と海鮮チャーハンを全国5,400店のセブン―イレブンで発売する。商品開発には1年を要し、謝氏は味の指導など全ての過程に関わってきたという。5月にはこのほか、香港式コーヒー紅茶などのコラボ商品を発売する見通しだ。

謝氏は得意の料理を活かし、2014年から中国浙江衛星テレビの料理バラエティー番組「12道鋒味」に出演。自身のブランドの知名度を上げてきた。

セブン―イレブンは域内外の著名な飲食ブランドとの商品開発に力を入れており、18年には日本のラーメン店チェーン「麺屋一燈」やカレー専門店「CoCo壱番屋」とのコラボ商品を発売。消費者の反応が良かったため、レギュラー商品化した実績もある。

セブン―イレブンの売上統計によると、18年にセブン―イレブンで中食を買った人は1億1,000万人以上。前年比10%増加し、1日当たり全国で30万人以上が購入している計算になる。4月から販売を開始した夏季向け冷麺の売り上げは、既に前年同期比40%近く伸びており、今回発売するコラボ商品で関連する業績をさらに20~30%押し上げたい考えだ。


関連国・地域: 香港台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

九州半導体協、SIPOと日台企業連携でMOU(05/24)

国巨グループ、インサイダー取引2件発覚(05/24)

鴻海の郭董事長、日・米・中との協力強化訴え(05/24)

英業達、19年は3大事業のR&Dに95億元(05/24)

光陽、ABS搭載スクーターなど8モデル発表(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン