• 印刷する

首相が一帯一路で訪中へ、複数覚合意も

カンボジア外務省は22日、フン・セン首相が中国・北京で開かれる第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに出席するため、25~29日に訪中すると発表した。2国間の経済協力に関する複数の合意文書にも署名する。

フン・セン首相は同フォーラムで演説するほか、習近平国家主席、李克強首相、王滬寧・共産党政治局常務委員らと個別に会談。中国経済界の代表者らとも懇談するほか、北京大学での講演も予定されている。

クメール・タイムズ(電子版)によると、署名が予定される文書について、カンボジア外務省の報道官は「中国が表明する経済援助の内容が最終決定していない」と述べ、説明を避けた。

首相にはホー・ナムホン副首相、プラク・ソコン外相ら8閣僚が同行する。

首相は今年1月にも訪中。中国はカンボジア産米の輸入枠を、昨年の30万トンから今年は40万トンに拡大すると表明した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(15:20)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/13)

G20がデジタル通貨容認へ、論議を本格化(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン