• 印刷する

キャセイ、CAの機内物品持ち帰りを検査

香港の航空大手、キャセイパシフィック航空はこのほど、客室乗務員が機内の物品を勝手に持ち帰る行為について、取り締まりに乗り出した。23日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港国際空港(チェクラプコク空港)で専門チームによる抜き打ち検査が行われ、6人以上の客室乗務員が取り調べを受けた。

関係筋によると、物品の持ち帰りにより、長年にわたりキャセイは大きな被害を被っていたという。最もよく持ち帰られている物の一つが、機内で出されるハーゲンダッツのアイスクリームだと言われている。

キャセイは1月、従業員に対し、「会社の物品数が一致しない傾向にある」として、航空機を降りる際に持ち物検査をすると警告。会社の物品を持ち帰ると、その価値や廃棄されるかどうかは関係なく、契約解除を含む懲戒処分の対象になると説明していた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン