【韓国会計】税法上の中小企業の要件

税法では、企業を中小企業、中堅企業および一般企業に区分しており、企業の規模によって税制支援が異なります。中小企業の場合、一般企業に比べて交際費の限度が増え、不良債権の貸倒引当処理の要件が簡単になり、税額控除の繰越控除の取得、源泉徴収の半期納付の特例適用、法人税…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、38人増の1万1541人(12:27)

テイクオフ:教室で子どもたちが絵を…(06/02)

コロナ禍で輸出24%減 自動車が大幅減、長期化を懸念(06/02)

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(06/02)

マスク販売の5部制廃止、いつでも購入可能(06/02)

遊興施設にQRコード、10日から正式開始(06/02)

LGイノもオンライン、車用LED売り込み(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン