• 印刷する

1Q訪日外国人、1人当たり消費で豪が1位

2019年第1四半期(1~3月)に日本を訪問した外国人のうち、オーストラリア人の1人当たり消費額が23万5,000円と最も多かったことが観光庁の調べで分かった。前年比では4.5%減っているが、スキー旅行を主な目的とするオーストラリア人観光客は同期だけで17万人と5.4%増えており、オーストラリア人の総消費額は0.7%増の398億円となっている。カンタスが12月からシドニー―札幌便を飛ばすとしており、今後も同期のオーストラリア人観光客はさらに増えそうだ。

オーストラリア人観光客の同期の総消費額は、外国人消費総額1兆1,182億円のうち3.6%を占める。

オーストラリア人1人当たりの平均宿泊日数は、13.4日で、平均宿泊費は10万3,421円。また飲食費は、平均5万5,460円だった。交通費は2万7,097円だったほか、◆娯楽等サービス費:2万2,361円◆買物代:2万6,633円――だった。

交通費のうち、回答者中で最も消費率の高いのは、新幹線・鉄道・地下鉄・モノレールで59.6%を占め、JRレールパスの消費率は10.5%だった。レンタカーの利用率は7.4%となっている。

このほか、娯楽等サービス費では美術館・博物館・動植物園・水族館が17.5%、買物代では菓子類が70.2%となり、それぞれの項目で最も高い消費率となった。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは最近…(11/12)

豪州の干ばつ、炭鉱にも波及 州政府が新規承認を停止(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

〔オセアニアン事件簿〕山火事悪化、シドニー近辺も要注意に(11/12)

10月の小売り、前月からさらに低調か(11/12)

VIC電力スポット価格、昨年度に25%上昇(11/12)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、選挙以後初の与野党支持同率(11/12)

ガラスやプラごみ輸出規制、来年7月から(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン