• 印刷する

報道自由度ランク、143位に後退

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)によると、2019年のカンボジアの「報道の自由度ランキング」は143位と前年から1つ順位を落とした。地元有力紙が廃刊に追い込まれる一方、政府寄りのメディアが報道の中心になっているとの見方を示している。

カンボジアの順位は16年の128位から後退が続いている。19年の報道の自由度を見ると、カンボジアは東南アジア諸国の中では社会主義国のベトナム(176位)とラオス(171位)より高かったが、民主国家としては順位が低かった。

RSFは18年7月のカンボジア下院議会選挙(総選挙)を前に、有力紙カンボジア・デイリーが廃刊に追い込まれ、ほかの英字紙プノンペン・ポストもオーナーが代わるなど、政権批判が難しくなったと指摘。一方、政府寄りのメディアが台頭したと説明した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

新輸送基本計画、来年半ばに策定完了(12/06)

シアヌークビルに監視カメラ、600台設置へ(12/06)

大型複合施設ピーク、請負業者を変更(12/06)

南部カンポットで高級別荘、地場・仏合弁で(12/06)

アンコール遺跡群収入、1~11月は14%減(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

越からのFDI、1~11月は4.6億ドル(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン