• 印刷する

報道自由度ランク、143位に後退

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)によると、2019年のカンボジアの「報道の自由度ランキング」は143位と前年から1つ順位を落とした。地元有力紙が廃刊に追い込まれる一方、政府寄りのメディアが報道の中心になっているとの見方を示している。

カンボジアの順位は16年の128位から後退が続いている。19年の報道の自由度を見ると、カンボジアは東南アジア諸国の中では社会主義国のベトナム(176位)とラオス(171位)より高かったが、民主国家としては順位が低かった。

RSFは18年7月のカンボジア下院議会選挙(総選挙)を前に、有力紙カンボジア・デイリーが廃刊に追い込まれ、ほかの英字紙プノンペン・ポストもオーナーが代わるなど、政権批判が難しくなったと指摘。一方、政府寄りのメディアが台頭したと説明した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(05/23)

シアヌークビル州、トラック通行規制を検討(05/23)

ハラル認証、18年は39社に付与=商業省(05/23)

国際機関の農業支援、6億ドルに=農水相(05/23)

豚肉価格が上昇、越からの輸入停止で(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

中銀、経済安定へリエル供給を継続(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン