• 印刷する

大正製薬、ハウザン製薬のTOBを完了

大正製薬は18日、ベトナムの製薬最大手ハウザン製薬(DHG)の発行済み株式21.7%を対象とした公開買い付け(TOB)が、16日で完了したと発表した。15.78%に対して応募があり、取得後の出資比率は50.78%になる見通し。

株式の取得額は1株当たり12万ドン(5米ドル、約576円)。取得する株の数は2,063万6,000株で、取得総額は2兆4,763億ドンになる予定。26日に株式が譲渡される。大正製薬はDHGに34.99%を出資しており、今年2月にDHGの発行済み株式21.7%を取得する方針を発表していた。DHGには大正製薬の専務を取締役として派遣している。

DHGの2018年12月期の売上高は182億7,300万円。純利益は30億7,200万円だった。連結子会社化の時期などについては、今後に発表するという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

1~5月のFDI額、17%減の139億ドル(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

ジューテックが合弁設立、海外初(05/29)

クアンニン省の新経済区、首相が承認(05/29)

独接着剤のテサ、65億円でハイフォン工場(05/29)

JBIC、サンローズ現法に47.5万ドル融資(05/29)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月28日)(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン