• 印刷する

香港の出張費、2年連続でアジア首位に

英人材調査会社ECAインターナショナルがまとめた世界主要都市の出張費ランキングによると、香港は1日当たり515米ドル(約5万8,000円)となり、2年連続でアジア首位だった。18日付明報などが伝えた。

香港の出張費の総額は前年に比べ1.5%増加した。出張費のうち、宿泊費は286米ドルと全体の5割余りを占めた。

アジアの2位は東京で、494米ドル。香港に比べ21米ドル(約4%)少なかった。

ECAアジア部門の責任者、リー・クエイン氏は「香港と2位以降の東京や韓国ソウル、シンガポールといった都市との差が拡大している」と指摘。その要因には宿泊費の高騰を挙げたが、「交通費や食事代は合理的な水準を維持している」と分析した。高額の出張費から、企業が今後、香港での滞在日数を減らしたり、ビデオ会議に変更したりする可能性があるとも述べた。

ここ最近は、香港拠点を設置する中国本土企業が増えていることもあり、本土からの出張者が増加傾向にあるという。

香港の出張費は世界全体では19位。1位は米ニューヨークで、799米ドルだった。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン