スターツのホテル好調 開業半年、客室稼働率60%に

スターツコーポレーションがカンボジアの首都プノンペンで展開する海外初の自社施工・運営ホテルが好調だ。2018年10月の開業以来、6カ月間で客室稼働率は約60%と想定外に上昇した。シンプルな内装と機能性の高い日本仕様の客室にしたことで、日本のみならずアジア各国からの出張…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムとの貿易額、1~10月は14%増(12/13)

米不動産仲介センチュリー21、店舗増設へ(12/13)

政府契約職員の月給、来月から5米ドル上昇(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

テイクオフ:「この店にジャケットは…(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

LOLC、小口金融プラサックを売却へ(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン