【カンボジア経済通信】大規模計画停電、経済への影響を懸念 第344回

カンボジアの電力セクターの整備は一歩ずつ進められ、2018年には輸入電力の割合も15%にまで低下してきた。一方、19年に入り、暑さによる需要の急増と降雨不足による水力発電の低下により、電力需給が急速にひっ迫。3月中旬以降、大規模な計画停電が実施され、経済への影響が懸念…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の最低賃金4.4%上昇、月190米ドルに(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

租税総局の新庁舎着工、65億円投資(09/24)

スカイアンコール航空、台湾2県に就航へ(09/24)

代表ら3選手 日本のサッカーJで学ぶ(09/24)

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン