• 印刷する

深セン空港に第3滑走路、発改委が建設認可

中国国家発展改革委員会(発改委)は16日、深セン市が計画する深セン宝安国際空港の第3滑走路建設計画を認可したことを明らかにした。総工費は約93億5,000万元(約1,560億円)を見込む。

西滑走路の西側に、長さ3,600メートル、幅60メートルの滑走路を新たに建設する計画。深セン空港の旅客数が2030年に延べ8,000万人、貨物量が260万トンに増えることを見込んでの拡張となる。

総工費のうち、滑走路本体などの空港施設に関する投資は約88億6,000万元で、市政府の財政から資金を拠出する。管制施設の建設に必要な約4億9,000万元については、中国民用航空局(民航局)が民航発展基金から賄う。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:「鶏肉ご飯にしますか、…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

21品目を追加関税適用除外に 米通商代表部、計85品目に拡大(04/22)

バンダル・マレーシア再開、中国社も参加(04/22)

中国系ホテルが垂れ流しか、南部リゾートで(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン