• 印刷する

深セン空港に第3滑走路、発改委が建設認可

中国国家発展改革委員会(発改委)は16日、深セン市が計画する深セン宝安国際空港の第3滑走路建設計画を認可したことを明らかにした。総工費は約93億5,000万元(約1,560億円)を見込む。

西滑走路の西側に、長さ3,600メートル、幅60メートルの滑走路を新たに建設する計画。深セン空港の旅客数が2030年に延べ8,000万人、貨物量が260万トンに増えることを見込んでの拡張となる。

総工費のうち、滑走路本体などの空港施設に関する投資は約88億6,000万元で、市政府の財政から資金を拠出する。管制施設の建設に必要な約4億9,000万元については、中国民用航空局(民航局)が民航発展基金から賄う。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:営業を再開して3カ月が…(08/10)

7月輸出が5カ月ぶりプラス 前年比0.4%増に、IT好調継続(08/10)

隔離違反で感染拡大に危機感 政府、新常態キャンペーン開始(08/10)

全希望者にPCR検査実施 中国政府が支援、1日50万件対応(08/10)

7月の貿易額3.4%増加 2カ月連続プラス、輸出中心に回復(08/10)

米が中国アプリ排除へ、大統領令「取引禁止」(08/10)

鴻海、中国・昆山工場で5G部品生産(08/10)

空港近くにコロナ臨時病院、政府が整備へ(08/10)

上期減税額は1.5兆元、初の財政リポート(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン