• 印刷する

深セン空港に第3滑走路、発改委が建設認可

中国国家発展改革委員会(発改委)は16日、深セン市が計画する深セン宝安国際空港の第3滑走路建設計画を認可したことを明らかにした。総工費は約93億5,000万元(約1,560億円)を見込む。

西滑走路の西側に、長さ3,600メートル、幅60メートルの滑走路を新たに建設する計画。深セン空港の旅客数が2030年に延べ8,000万人、貨物量が260万トンに増えることを見込んでの拡張となる。

総工費のうち、滑走路本体などの空港施設に関する投資は約88億6,000万元で、市政府の財政から資金を拠出する。管制施設の建設に必要な約4億9,000万元については、中国民用航空局(民航局)が民航発展基金から賄う。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、3Q成長率は6.0%に減速(12:27)

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(15:07)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(14:10)

外国人の物件購入、依然堅調 タイ不動産市場の最新展望(下)(10/18)

【躍動する地方都市】モンカイ、国境貿易の玄関口 陸路の整備進み一帯一路に接続も(10/18)

PM2.5濃度、最大6.5%下げ 今秋冬季の華北大気汚染抑制策(10/18)

NEV・燃費クレジット、譲渡規制を緩和へ(10/18)

米中の貿易合意文書、商務省は「協議中」(10/18)

寧夏回族自治区のワイン、日本で売り込み(10/18)

3QのPC出荷、ASUSがマイナスに(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン