• 印刷する

サムスン、5ナノ半導体の量産技術を確立

韓国のサムスン電子は16日、回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートルのシステムLSI(大規模集積回路)の量産技術を確立したと発表した。5ナノ品の製造工程の開発はファウンドリー(半導体受託生産会社)として台湾積体電路製造(TSMC)に次ぐ2社目となる。量産開始時期は未定。

今年量産を開始した7ナノ品に比べて、面積が25%縮小し、消費電力も10%減る。最先端の製造技術「EUV(極紫外線)露光」を採用した。EUVは回路の形成工程を大幅に効率化でき、7ナノ未満の商用化は難しいとされた微細化を可能にする革新技術だ。

サムスン電子は、EUVを使った7ナノ品を今月にも出荷する計画。6ナノ品も年内の量産を予定している。微細化を通じ、自動運転や人工知能(AI)など技術革新に対応できる製品を市場に供給する。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/16)

日本ボイコット運動が過熱 大規模集会で、収束気配なし(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

徴用工解決策提示か注視、日本政府(08/16)

新車の品質が大幅向上、JDパワー(08/16)

日本の責任触れず、文氏が慰安婦被害伝え式典(08/16)

慰安婦巡る合意順守要請、韓国大統領発言で(08/16)

原発汚染水に積極対応、韓国外務省が表明(08/16)

日韓通貨協定の再開宙に、ウォン安も議論封印(08/16)

対馬―釜山の海上航路、反日響き運休相次ぐ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン