• 印刷する

サムスン、5ナノ半導体の量産技術を確立

韓国のサムスン電子は16日、回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートルのシステムLSI(大規模集積回路)の量産技術を確立したと発表した。5ナノ品の製造工程の開発はファウンドリー(半導体受託生産会社)として台湾積体電路製造(TSMC)に次ぐ2社目となる。量産開始時期は未定。

今年量産を開始した7ナノ品に比べて、面積が25%縮小し、消費電力も10%減る。最先端の製造技術「EUV(極紫外線)露光」を採用した。EUVは回路の形成工程を大幅に効率化でき、7ナノ未満の商用化は難しいとされた微細化を可能にする革新技術だ。

サムスン電子は、EUVを使った7ナノ品を今月にも出荷する計画。6ナノ品も年内の量産を予定している。微細化を通じ、自動運転や人工知能(AI)など技術革新に対応できる製品を市場に供給する。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、33人増の1万4456人(12:51)

テイクオフ:韓国の梅雨はまるでスコ…(08/05)

韓国車販売がやや回復 現代自の善戦で、新車が貢献(08/05)

亜洲光学、特許侵害で日本サムスンを提訴(08/05)

新型コロナ感染者、34人増の1万4423人(08/05)

サムスン、米大手2社から半導体チップ受注(08/05)

韓国EV電池3社、上半期シェア35%に(08/05)

韓国GMの正規職化、費用は最大3億ドル(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン