• 印刷する

中国の調査団、モノレールの調査開始

カンボジアの首都プノンペンの公共輸送改善を目指し、中国が派遣した調査団がモノレールと地下鉄の敷設に向けた事業化調査を開始した。クメール・タイムズ(電子版)が11日に伝えた。

内務省で9日に行われた道路安全に関する会議で、スン・チャントル公共事業・運輸相が明らかにした。モノレールと地下鉄の他、自動案内軌条式旅客輸送(AGT)のような大量輸送システムも含め、コスト効率の高い交通渋滞緩和策を探る。

中国の調査団による事業化調査については、同氏が先月訪中した際に明らかにしていた。プノンペン当局は交通渋滞緩和策として、公共バス路線の拡充や水上タクシーの運航を開始している。


関連国・地域: 中国カンボジア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

シアヌークビルに観光特区、沿岸部を開発(02/25)

ホテル開業続く、新型肺炎の影響なく(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

イオン、ネット配送を本格化 多忙な現代人の需要取り込み(02/24)

自動車組み立て産業向け優遇措置、継続へ(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン