中国との国境貿易が減少 上半期、ムセは輸出3割減

輸出の3割以上が中国向けであるミャンマーで、中国経済の減速が経済成長に与える影響が懸念されている。最大の国境貿易ゲートである北東部シャン州ムセでは、新会計年度の上半期にあたる2018年10月~19年3月末までの輸出額が、前年同期から34%減少。マレーシア系証券会社は最新…

関連国・地域: 中国ベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポール
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中緬経済回廊の事務所、ネピドーに開所(15:09)

住商、インフラ事業を推進 コンソーシアムが鉄道改修着工(05/20)

コーポレートガバナンスコード、来年公布へ(05/20)

ロヒンギャ27万人に身分証、国連が発行(05/20)

ヤンゴンバス車両、6割が新車に(05/20)

海外への新規出稼ぎ者、4月は2万人(05/20)

家畜業者、銀行融資の金利見直し求める(05/20)

無許可の中国系バナナ農園が拡大、カチン(05/20)

CNGバス増加、日量65万立米のガス供給(05/20)

河川中州が中国企業に不当賃貸か=ザガイン(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン