• 印刷する

車見本市の成約台数20%増、EVがけん引

タイで自動車関連イベントを運営するグランプリ・インターナショナルは、3月27日~4月7日に開催した自動車見本市「第40回バンコク国際モーターショー」の自動車の成約台数が前年比20%増の4万3,935台だったと発表した。電気自動車(EV)の成約台数が伸長した。

内訳は、自動車が3万7,769台、EVが6,166台。昨年の同イベントにおけるEVの成約台数は小型EVのFOMM(川崎市)の354台などわずかだったが、大きく伸びた。地場のEVメーカー、マイン・モビリティー・コーポレーション(MMC)が4,500台と急伸した。FOMMは1,666台だった。車種別では、全体の約30%が多目的車(MPV)。MMCのEVはMPVで、ここでも存在感を示した。高級車の成約台数は5,055台だった。

主な自動車メーカー別の成約台数は、トヨタ自動車が前年比7%増の6,110台で最多。以下、マツダが4%増の5,211台、ホンダが4%減の4,910台で続いた。三菱自動車は3,019台、いすゞ自動車は2,715台だった。

バイクの成約台数は前年比10%減の5,343台。メーカー別では、ホンダが1,274台で最多。ヤマハ発動機が723台、川崎重工業が539台で続いた。12日間の来場者数は前年並みの160万人だった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車に乗っていたら、車…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

融資規制が打撃、実需に注力 タイ不動産市場の最新展望(上)(10/16)

メガシティー、ホテル・オフィスの開発推進(10/16)

新たな土地評価額の適用、21年まで延期(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

空港高速鉄道、契約に用地収用への対応追加(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン