火発の出力増強、昨年度は目標の3割以下

インド国内における2018/19年度(18年4月~19年3月)の火力発電部門の出力増加幅が212万9,750キロワット(kW)となり、目標の726万6,150kWの29%にとどまったことが、中央電力庁(CEA)の資料で分かった。ビジネス・スタンダード(電子版)が6日に伝えた。 電力部門全体…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1年ぶりに帰国した日本…(11/19)

強みのエックス線機器で攻勢 富士フ、予防診断医療を推進(11/19)

日鉄とミタルのエッサール買収、最高裁が承認(11/19)

中国の長安汽車、インド進出に向け準備着々(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

起亜自が販売網増強、目標は年度末の300カ所(11/19)

パーム油輸出でUAE、中国企業と提携(11/19)

連邦直轄地ラダック開発、5千億ルピー拠出(11/19)

オディシャ州、計175億ルピーの投資を承認(11/19)

米との鉄鋼貿易紛争、印が報復の可能性(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン