外資生保5社に全額出資認可 第一生命など、市場活性化へ

ミャンマー計画・財務省は5日、日本の第一生命ホールディングスを含む外国の生命保険大手5社に、全額出資での事業展開を認可した。当初は3社を上限に認可すると公表していたが、5社に増やした。政府が市場活性化を急ぎ、思い切った判断に踏み切ったとみられる。黎明期の市場に…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

6月の外国人入国は279人、前年比99.7%減(07/08)

中東から帰国した3人の感染確認、7日朝(07/08)

バガン参拝客、週末に1000人を超える(07/08)

AYA損保がサービス拡大、コロナで需要増(07/08)

若手行政官の日本留学を支援、6.3億円(07/08)

運転免許更新、オンライン予約を導入(07/08)

英が人権侵害で独自制裁、ロや北朝鮮(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン