• 印刷する

パナ、SANYOのエアコンをネット販売

インドでネット販売を始めたSANYOブランドのエアコン(パナソニックインド提供)

インドでネット販売を始めたSANYOブランドのエアコン(パナソニックインド提供)

パナソニックは3日、傘下ブランドである「SANYO」のエアコンをインドでオンライン販売すると発表した。SANYOは現地で広く認知されているほか、価格帯がパナソニックブランドより低い。近年伸びている家電の電子商取引(EC)市場に適していると判断し、投入を決めた。

パナソニックは2009年に三洋電機を買収した後、SANYOブランドのインド展開としては、テレビのオンライン販売と、政府機関(入札)向けのエアコン販売を手掛けてきた。ここ数年は、中国製の低価格製品を中心に、通販サイトで家電が売れていることから、エアコンのオンライン販売にも乗り出した。展開するモデルは5種類で、アマゾン・インディアなどが取り扱う。価格は2万4,490ルピー(約3万9,000円)から。

インドでのエアコン販売は、主軸のパナソニックブランドが柱になる。業界関係者の試算では、ルームエアコンのシェアは1位が地場財閥タタ・グループのボルタス、2位がダイキン工業、3位以降をパナソニックや韓国LG電子などが争う。パナソニックの担当者によると「SANYOは、オンライン市場におけるボリュームゾーン価格帯のラインアップを補完する位置付け」にあり、パナソニックブランドより販売価格が安いことから、ネット通販に適しているとみている。

パナソニックは三洋電機の買収後、日本および海外でブランドをパナソニックに統一してきた。インドはSANYOブランドが継続する数少ない国の一つ。三洋電機がインドの家電大手BPLとの合弁を通じて、1990年代から現地でSANYOブランドの認知を築いてきたため、現在もテレビとエアコンにラインアップを絞ってブランドを展開している。

他国では、インドネシアでポンプ、北米でテレビやDVDプレーヤーなどがSANYOブランドとして販売されている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

無登録ドローンの対策を協議 政府が商工会で意見表明(08/16)

HTCがインド再進出、中国企業に生産委託(08/16)

印新興26社、来月に日本の投資会合に参加(08/16)

オンキヨーの生産戦略、インドが中核拠点に(08/16)

エアウォーター、独同業の印事業取得で合意(08/16)

鉄鋼タタ、需要減退で4~6月は43%減益(08/16)

オリックス、インドの風力発電社を子会社化(08/16)

リクルート、デジタル決済企業に出資(08/16)

貿易赤字、7月は134.3億ドルに縮小(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン