• 印刷する

1~3月の失業率2%、都市部は高め

ベトナム統計総局(GSO)はこのほど、2019年第1四半期(1~3月)の失業率が2.0%(速報値)だったと発表した。地域別では、都市部が2.95%で、地方の1.52%を上回った。

労働力人口の失業率は2.17%で、前年同期の2.20%からやや改善した。地域別では、都市部が3.11%、地方が1.67%。15~24歳の失業率は6.27%で、都市部が10.49%、地方が4.64%だった。

15歳以上の労働力人口は5,543万1,200人で、前年同期から7万7,000人増加。男性が2,899万5,800人で全体の52.3%を占め、女性の2,643万5,500人を上回った。地域別では、地方が3,695万1,400人で、都市部の1,847万9,800人の約2倍に上った。

労働力人口のうち、就業者は5,432万2,000人。業種別では、サービス業が1,952万3,800人で全体の36.0%を占め、農林水産業を上回った。農林水産業は1,924万4,700人、工業・建設は1,555万3,500人だった。

就業していても、労働条件が著しく劣っていたり、就業が不安定であったりして、追加の仕事が必要な状態にある不完全就業者の割合は1.21%で、前年同期の1.52%から改善した。都市部が0.60%、地方が1.53%だった。農林水産業以外で非正規雇用されている人の割合は54.3%だった。

■平均月給は690万ドン

賃金労働者の1~3月の平均月給は690万ドン(297米ドル、約3万3,000円)で、前年同期から105万ドン、前期(18年10~12月)から96万7,000ドン上昇した。男女別では、男性が730万ドンで、女性の650万ドンを上回った。地域別では、都市部が820万ドンで、地方の600万ドンを大幅に上回った。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

中古機械の輸入、細則発表へ 製紙や木材加工の機械で規制緩和(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

未成約不動産、上位20社で年初から10%増(05/24)

サオマイ、デンマーク企業と米穀事業で覚書(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

木材・木工品の輸出額、1~3月は16%増(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン