• 印刷する

《日系進出》ダイナブック、桃園市に100%子会社

シャープは2日、桃園市芦竹区に傘下のダイナブックの100%子会社を設立すると発表した。ダイナブックが台湾に拠点を設けるのは初めて。パソコン(PC)やIT製品の設計・開発、台湾向け販売の強化、PC用部材の調達などを行う。

子会社の名称は「台湾タイ能科技(台湾ダイナブック、タイ=王へんに代)」で、5月に桃園市芦竹区で設立する予定。資本金は2億台湾元(約7億2,000万円)。

シャープの担当者はNNAに対し、「PCやIT製品の設計・開発を進めてラインアップを増やし、台湾市場向けの販売を強化する。また鴻海グループとの連携で部材の調達を実施し、コスト競争力を高める」と説明した。

台湾ダイナブックの役員は、シャープ関係会社の役員が兼任する予定。

シャープは2018年10月にダイナブックを子会社化し、PCの開発・生産・販売事業に再参入した。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

今年の経済成長予測「実現可能」、主計総処(12:40)

テイクオフ:「今後アジアのコンテン…(10/17)

ネット銀のシェア1%未達か 向こう数年、金管会幹部が指摘(10/17)

クアルコムの台湾調達額、今年は4500億元に(10/17)

中国スマホが台湾市場で攻勢、4レンズ売り(10/17)

瑞イク、20年は「4本の矢」で成長継続へ(10/17)

光陽と台北市、高専に電動車の技術教育拠点(10/17)

瑞智精密がペット向けエアコン、日本照準(10/17)

自動化設備の盟立、竹科銅鑼園区に新工場(10/17)

全家のハイテク2号店、小巨蛋近くで開業(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン