新エネ車補助金を50%削減 来年で廃止へ、市場に打撃か

中国政府は26日、新エネルギー車(NEV)に対する2019年の補助金政策を公布し、基本給付額を平均50%引き下げると表明した。給付対象となる車両の最低航続距離を150キロメートルから250キロに引き上げるなど、条件を厳格化してメーカーに一段の技術革新を迫る。20年で補助金を廃…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北京では13日から学校…(07/16)

対中輸出減が回復の足かせに 中間財に依存、ASEANも追撃(07/16)

国内ツアー解禁、市場復調へ 観光地の入場規制も緩和(07/16)

アクア・ジャパン、コロナでも15%成長目標(07/16)

バンコク自動車見本市、外資が電動車を訴求(07/16)

機動車保有台数、6月末で3.6億台(07/16)

中小企業への滞納防止へ、国務院が条例公布(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン