• 印刷する

FMI、運休航空会社の保有株を売却

ミャンマー大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下、ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)はこのほど、航空部門のFMIエアの保有株全てを売却したと発表した。FMIとしては航空事業から手を引き、他の事業分野への投資に資金を振り向ける。

FMIエアの株式の10%をSPAアビエーション・ホールディングス(SAH)に79億チャット(約5億7,000万円)で売却した。FMIは売却の理由として「国内航空市場の厳しい環境」を挙げた。FMIエアは2012年に最大都市ヤンゴン―首都ネピドー間のチャーター便、15年には一部国内路線で定期便の運航を開始した。しかし、客数が伸び悩み、昨年7月に定期便とチャーター便をともに運休していた。FMIは15年に、SPAの子会社であるヤンゴン・ランドにFMIエアの株式を売却し、50%だった出資比率を10%に引き下げている。

FMIの声明は、売却先のSAHの詳細については明らかにしていない。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、海外人材派遣会社に送金免許を付与(11/22)

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

新資格の宿泊、ミャンマー試験合格率は36%(11/22)

スー・チー氏がハーグへ、国際司法裁への提訴受け(11/22)

ヤンゴンのスマート駐車場、料金徴収へ(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ネピドー活性化目指し、197区画を払い下げ(11/22)

建設省、韓国工業団地用地への立入りを禁止(11/22)

独メトロ、GAP認証農家と顧客引き合わせ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン