• 印刷する

労働生産性の向上運動を提案=VCCI

ベトナム商工会議所(VCCI)のブー・ティエン・ロック会頭は、23日に開かれた労働生産性をテーマとしたシンポジウムで、ベトナムの各分野で労働生産性を高める運動を起こす必要があるとし、毎年11月を労働生産性月間とすることを提案した。トイバオキンテー電子版が報じた。

ロック会頭によると、ベトナムの2008~17年の10年間における労働生産性の平均上昇率は4%で、シンガポールの0.9%やマレーシアの1.1%、タイの2.6%を上回っている。しかし17年の就業者1人当たり労働生産性は、購買力平価(PPP)換算で約1万米ドル(約110万円)とシンガポールの7.2%、マレーシアの18.4%、タイの36.2%にとどまり、この差は拡大する傾向にある。

専門家らは、ベトナムの労働生産性が低い原因について、雇用条件や雇用環境、技術や資本の利用率の低さ、労働者の技能の低さなどを指摘している。ロック会頭は労働者の質を高めるためには人材の教育・訓練改革がカギになると主張する。また、労働生産性の改善率の高い企業100社のランキングを発表する11月を労働生産性月間とする案を提示。シンガポールでの成功にならって、国の長期的な労働生産性向上プログラムを策定する必要があるとの考えを示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

中古機械の輸入、細則発表へ 製紙や木材加工の機械で規制緩和(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

未成約不動産、上位20社で年初から10%増(05/24)

サオマイ、デンマーク企業と米穀事業で覚書(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

木材・木工品の輸出額、1~3月は16%増(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン