• 印刷する

情報通信レカム、同業FTの比法人など買収

情報通信機器やLED(発光ダイオード)照明などを扱う中堅商社のレカム(東京都渋谷区)は25日、同業エフティグループ(FT)からフィリピン、タイ、インドネシアの海外現地法人5社の株式の8割を買収し、子会社化すると発表した。海外の営業基盤を広げ、事業を強化する。

買収は両社の合意に基づく決定で、FTの3カ国の現地法人と、タイにあるアジア統括会社、フィリピン法人の子会社の計5社の株式のうち、FT保有分を80%ずつ取得する。買収額は15億~16億円となる見込みだ。

レカムの砥綿正博(とわた・まさひろ)取締役最高財務責任者(CFO)はNNAに対し、「FTとは以前から海外事業で業務提携しており、当社が進出していない国に営業基盤を持つなど、相乗効果が期待できる」と説明。5社の売り上げが上乗せされる増収効果に加えて、現地社員や顧客を引き継ぐことによる営業基盤の強化と効率化、購買コストの削減が期待できるという。

フィリピンでは、FT現地法人株の80%に当たる1,408万4,000株を取得する。FTのフィリピン法人は、2015年11月から製造業を中心にLED照明を販売している。今後はLED照明に加え、業務用エアコン、コンプレッサーなどに製品の幅を広げ、収益を拡大する方針。レカムがベトナムで販売している太陽光発電システムなどを売り込むことも視野に入れているという。

レカムは、2015年にLED照明の販売を中心に海外事業をスタート。現在、中国の上海、大連、広州、ベトナム、マレーシア、インド、ミャンマーの5カ国で展開し、海外事業を積極的に拡大している。一方、FTはレカムが進出していないフィリピン、タイ、インドネシアに進出。ただ、海外の収益性は国内より厳しく、今後は国内事業に集中する方針という。

買収後のレカムの拠点は東南アジアを中心に8カ国となり、今後はインドなどの事業強化も検討していく。


関連国・地域: タイインドネシアフィリピン
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

現代自の1Q販売、商用車好調で12.5%増(04/24)

PCC、ルソン系統の停電で調査へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン