• 印刷する

2月の製造業観測指数、3カ月連続プラス

民間シンクタンクの台湾経済研究院(台経院)が25日に発表した2月の業況と向こう半年間の景気見通しを数値化した「営業気候観測指数」によると、製造業の指数は前月比1.61ポイント上昇の91.29で、3カ月連続でプラスとなった。

製造業企業のうち、2月の景況が前月に比べ「良い」と回答したのは11.5%で前月から19.6ポイント下落。「悪い」は47.3%で、16.5ポイント上昇した。今後半年の景況見通しが「良い」とした回答は、前月から12.5ポイント上昇し43.1%、「悪い」は前月から8.4ポイント下落し9.9%だった。

台経院は製造業の指数について、「春節(旧正月)連休による稼働日数の減少で2月の輸出額が前年比で大幅に減り、景況感が落ち込んだ。一方、米中貿易協議に対する楽観的な見方が広まったことや原油価格の回復によって、向こう半年間の見通しは楽観に転じた」と説明した。

建設業の指数は0.41ポイント上昇の94.04となり、2カ月ぶりにプラス成長に転じた。一方、サービス業は1.21ポイント下落の92.05と3カ月ぶりにマイナスに転落した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港の資金を呼び込み、規制緩和へ=金管会(12:39)

テイクオフ:未曽有の大型台風が日本…(10/15)

工作機械輸出が今年2割減へ 業界団体幹部、年末に下げ拡大(10/15)

日本路線利用客、9月は3割減 ボイコットジャパンの余波依然(10/15)

中国の半導体企業、台湾の人材を引き抜き(10/15)

AIベンチャーの碩網、MSとサービス提携(10/15)

30年までにバスEV化、予算300億元(10/15)

自動車部品の英利、7000万米ドルの融資獲得(10/15)

通信3社、9月売上高は明暗(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン