• 印刷する

大和PI、地場アパレルECに出資

大和証券グループの大和PIパートナーズ(東京都千代田区)はこのほど、ファッション・アパレル商品の電子商取引(EC)サイトを運営するミャンマー企業ロイヤル・ゴールデン・オウルズ(RGO)への出資を発表した。大和PIにとって、ミャンマーでの5件目のプライベート・エクイティ投資となる。

大和PIは、RGOが新規に発行する株式を引き受けた。出資額や出資比率は非公開。RGOに取締役を1人派遣し、同社の成長を支援する。

RGOは2013年12月に設立。最大都市ヤンゴンのパベダン郡区に本社を置き、アパレル商品などを中心に取り扱うマーケットプレイス「rgo47」<https://www.rgo47.com/>を運営する。取扱商品の配送や代金回収、マーケティングについてミャンマー国内の各パートナーと独占契約を締結しており、同社のネットワークは230都市をカバーする。大和PIからの出資を元手に、さらに幅広い地域への商品供給を可能にするとともに、取扱商品数の拡充を図る。

ミャンマーのEC市場は、通信が広く開放されて間もないことや、配送インフラや資金決済システムが十分でないことを背景に、依然、発展の初期段階にある。一方で、国内のスマートフォンの普及率は80%とされ、中間所得者層の増加も見込まれており、ECを通じた消費活動は活性化していくと見込まれている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 繊維金融IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(14:24)

コメダ、タイとミャンマーに出店へ(10/15)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン