• 印刷する

《日系進出》住友重機が第4工場、産業ロボの部品生産

住友重機械工業(東京都品川区)はこのほど、同社の100%子会社でベトナムでギアモーターなどの製造を手掛けるスミトモ・ヘビー・インダストリーズ(ベトナム、SHIV)が、ハノイに第4工場を開設したと発表した。産業用ロボット向け「精密制御用減速機」の生産能力を2倍に引き上げる。

第4工場は、SHIVが所在するハノイのタンロン工業団地(TLIP)内に立地する。敷地面積は2万6,000平方メートル、建物面積は1万5,000平方メートル。18日に開所式を実施した。

同工場では、産業用ロボットの関節に使用される精密制御用減速機の主要部品の加工と生産を行い、日本や中国、ドイツなど世界中の組み立て拠点へ供給する。同工場の稼働により、グローバル規模で同社の生産能力を増強する。

SHIVは2005年の設立。06年に生産を開始した。08年には第2工場を、09年には第3工場を稼働させ、モーター組み立てからギア加工、ギアモーター組み立てまで生産品目を拡大してきた。同社は現在、小型ギアモーターのグローバル・ハブ工場として機能している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(16:22)

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(19:02)

越のモバイル決済、伸び最大 携帯大手参入も「利用は限定的」(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

HCMメトロ、住宅工事で地盤沈下の恐れ(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

ガス供給量減少、南部の電力生産に危機感(04/24)

日越4団体、産学連携で溶接技術の研究(04/24)

ソニー、4KELテレビの最上位機種を発表(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン