• 印刷する

フォードがシェルビー投入へ、地場が組立て

米フォード・モーターの高性能車「シェルビー」シリーズが、今年後半にもインドで発売される見通しであることが分かった。西部マハラシュトラ州プネに本拠を置くAJPグループが組み立てを担う。タイムズ・オブ・インディア(電子版)などが23日に伝えた。

AJPのマナス・デワン最高執行責任者(COO)は、「シェルビーの技術パートナーとして組み立てを行うほか、必要に応じて改良も担当する」と説明。今年後半に販売にこぎ着けたい考えを示した。

価格は明らかになっていないが、関係筋は2,000万ルピー(約3,180万円)前後になると推測する。民放NDTVは、最新型となる2020年モデルの「マスタング・シェルビーGT500」が売り出される可能性もあると報道している。同モデルは、米デトロイトで1月に開催された北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)で公開されたばかり。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部ラジャスタン州がオ…(10/23)

税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念(10/23)

【13億の食に商機】カゴメが独資でトマト加工 業務用に注力、22年に工場フル稼働(10/23)

インドのLCCインディゴ、HCM線を就航(10/23)

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出(10/23)

18年度のインドとの国境貿易、2億ドルに増(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ウルトラテック、東部で設備投資94億ルピー(10/23)

米葉巻グルカシガーズ、インド事業に本腰(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン