• 印刷する

テイクオフ:「中国革命の父」と呼ば…

「中国革命の父」と呼ばれる孫文。日本に亡命していた時期もあり、日本人にとってもなじみが深い。孫文はまた、シンガポールにも足跡を残している。

中心部から程近いバレスティア地区にある「孫中山南洋記念館」を訪れた。孫中山は孫文の別名で、中国や当地ではこちらの方が通りが良いようだ。日本への亡命時に身元が割れないよう「中山」と名乗ったことに由来するもので、生まれ故郷はのちに孫文にちなみ中山県(現中山市)と改称されている。

記念館は1906~11年に孫文がシンガポールを訪れた際に宿泊していた屋敷で、中国革命の支持者だった地元の商人が提供した。残念ながら展示物に日本語の解説はないものの、孫文と日本のつながりを示す資料もある。2階のバルコニーから屋敷の庭や、隣接する孫文ゆかりの中山公園を見渡しながら、100年余り前に革命の父が見た景色に思いをはせた。(墺)


関連国・地域: 中国シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:妻がインターネットで注…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

南洋大ら3者、IoT向け次世代メモリー開発へ(10/23)

ファッションテック企業、米市場に1億米ドル(10/23)

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(10/23)

商業施設が来客アップへ変革、ECに対抗(10/23)

年金の実効性、アジア首位維持=米社調査(10/23)

1人当たり資産残高、19年は3200万円(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン