• 印刷する

三菱電機、人材育成でブラパ大学と覚書

三菱電機のタイ法人でFA(ファクトリーオートメーション)システム事業を手掛ける三菱電機ファクトリーオートメーション(タイランド)=MELFT=は22日、タイ国立ブラパ大学と学生向けのトレーニングで協力する旨の覚書を交換した。東部3県(チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨーン)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」で必要とされる人材を育成する。

覚書は期間が5年。共同でトレーニングセンター「オートメーション・パーク」を開設し、学生向けにトレーニングを行い、卒業後はEEC内で就職してもらう考え。

MELFTは、教材、授業計画などを提供する。ブラパ大学は、提携先であるEEC内の12の教育機関に、学生をトレーニングに参加させることを呼び掛ける。毎年1万人に参加してもらう目標で、トレーニングによって人材の付加価値が30~40%高まると見込んでいる。

トレーニングは今年半ばにも部分的に開始し、来年初めに本格的な運営を開始する。トレーニングの成果は四半期ごとに報告する。

覚書を交わした三菱電機ファクトリーオートメーションの川崎豊マネジング・ディレクター(左)ら=22日、バンコク(NNA撮影)

覚書を交わした三菱電機ファクトリーオートメーションの川崎豊マネジング・ディレクター(左)ら=22日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:9月末から10月上旬に…(10/21)

車生産見通しを7%引き下げ 年200万台に、国内外市場が減速(10/21)

9月の車輸出6.4%減、3カ月連続マイナス(10/21)

市民団体、エネ相にEV振興案を提出(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

ドンムアン空港免税店事業、24日に書類発売(10/21)

航空都市入札、CPの失格を再検討=最高裁(10/21)

首都圏の住宅在庫、15万戸超=REIC(10/21)

財務省、時限的な不動産譲渡税引き下げ計画(10/21)

三井化学が製品・技術を展示紹介、海外で初(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン