• 印刷する

5月1日から4連休に、労働節休暇を変更

中国国務院(中央政府)弁公庁は22日、従来は5月1日の1日だけを祝日としていた今年の労働節について、2~3日も休みにすると発表した。これにより労働節は4日の土曜日と合わせて4連休となる。前後の4月28日(日曜日)と5月5日(日曜日)は振替出勤日となる。

労働節は例年3連休だったが、国務院が昨年末に発表した祝日計画では、今年は5月1日のみの祝日となっていた。ただ李克強首相が今月15日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の閉会後に記者会見した際、参加した国内メディアからこの点について質問され、「関係部門でしっかり研究する」と連休化に前向きな見方を示していた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

日系企業の業績、過半が悪化 米中摩擦影響大きく、抗議活動も(10/23)

テイクオフ:日本を上回るスピードで…(10/23)

シアヌークビルに新ホテル、建設ラッシュも(10/23)

不良債権リスクをなお警戒 銀保監会、17年から4.9兆元処理(10/23)

国民車プロトン、昨年6月から1635台を輸出(10/23)

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出(10/23)

減速の鉱工業生産、工情省は目標達成に自信(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン